グレープフルーツと薬

グレープフルーツ



sponsored link

グレープフルーツと薬

グレープフルーツはある種の薬と併用すると、問題が起こることがわかっています。

グレープフルーツの果汁に含まれるフラノクマリン類という成分が、薬を代謝する酵素(解毒酵素)の「シトクロムP450」を阻害し、薬の効果を増強してしまうからです。

フラノクマリン類は他のかんきつ類にも含まれておりますが、グレープフルーツの品種、かんきつ類の種類で含有量は異なります。温州みかんなどのオレンジでは、これらの薬と併用して問題が起きたという報告は無いので、安心してください。

フラノクマリン類は果汁にのみ含まれ、皮や種、実の袋には含まれていません。

特にグレープフルーツの影響を強く受ける薬は、高血圧治療で用いられる「カルシウム拮抗剤」という系統の薬です。他には、風邪薬、シクロスポリンでも効果が効き過ぎることが知られています。

グレープフルーツを摂取後10時間経った後に薬を服用しても、影響があらわれたという報告もあります。これらの薬を服用中は、グレープフルーツを食べたり飲んだりすること控えたほうが賢明です。



グレープフルーツジュースとの併用を注意したほうが良い薬

薬の添付文書にグレープフルーツジュースとの併用注意と記載されているもの
「グレープフルーツジュースを避けること」の記載がある薬

カルシウム拮抗薬
アダラート(ニフェジピン)
バイミカード(ニソルジピン)
バイロテンシン(ニトレンジピン)
ランデル(塩酸エホニジピン)
スプレンジール(フェロジピン)
ワソラン(塩酸ベラパミル)

オーラップ(ピモジド)

グリベック(メシル酸イマチニブ)



[スポンサードリンク]