グレープフルーツジュース

グレープフルーツ



sponsored link

グレープフルーツジュース

グレープフルーツを食べる場合、一番栄養の吸収率が良い食べ方は、ジュースにすることです。

現在、ガンと食事の関係が明らかにされ、野菜や果実を多くとる人ほど、ガンや高血圧などその他の生活習慣病になる確率が低くなることがわかっています。

グレープフルーツも抗酸化作用をもつビタミンCを筆頭に葉酸やカリウムなど、人間が健康に生きていく上で必要な栄養素を数多く含んでいます。この栄養素のロスを少なくする方法で、最も効率が良いのが「ジュースにする」ことです。

グレープフルーツなどの天然の果実・野菜にはビタミンやミネラルをはじめとした抗酸化作用や抗ガン作用などに働く栄養素が多く存在します。グレープフルーツをそのまま食べると、量が増えてしまい、最終的にそこに含まれる栄養成分や抗酸化成分をどの程度吸収できるかわかりません。ガンなどの生活習慣病になるリスク軽減には多量の栄養素を摂取しなければならないので、グレープフルーツをジュースにすることでこれらの問題が解決できます。


グレープフルーツをジュースにするメリット
グレープフルーツに含まれるビタミンCなどの抗酸化物質をたっぷり摂る事ができる。
グレープフルーツの食べる量が減らせるので、そのまま食べるよりビタミンやミネラルなどの栄養素を短時間で多量に摂れる。
消化に負担がかから無い。
吸収率が高い状態で栄養素を摂取できるので、効率が良い。
ビタミンやミネラルのロスがほとんど無い。
グレープフルーツはジュースにすると美味しく飲める。

(人参やほうれん草などのジュースにグレープフルーツを入れるだけとても飲みやすくなる)




[スポンサードリンク]