ワーファリンとグレープフルーツ


sponsored link

ワーファリンとグレープフルーツ

血液凝固を阻止する薬剤ワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)とグレープフルーツジュースを併用すると、ワルファリンカリウムが効き過ぎてしまうという話が巷を飛び交っています。

しかし、実はワーファリングレープフルーツジュースに相互作用があるという報告例は全くありません。

なぜこのような間違った情報が広まってしまったのでしょうか。

原因の一つは、グレープフルーツは他の薬と併用すると問題が起こるからだと思います。

その薬というのは、高血圧治療で用いられるカルシウム拮抗剤です。

グレープフルーツの果汁に含まれるフラノクマリン類という成分が、薬を代謝する酵素の働きを阻害し、薬の効果を増強してしまうからです。

ワーファリングレープフルーツにはこのような相互作用は現在のところありません。

もう一つの原因は、ワーファリンはビタミンKにより効果が減弱、または消失してしまうことです。

しかし、グレープフルーツにはビタミンKが含まれていません。

ビタミンKが豊富に含まれる納豆とグレープフルーツを間違えたのかもしれません。

最後に、多分これが主な原因だと思いますが、このワーファリングレープフルーツジュースの相互作用の話題の出所が、TV番組だということです。

その内容は「心筋梗塞で倒れた方が再発防止のためワーファリンを飲んでいたところ、健康に良いグレープフルーツジュースを飲むようになったら、ワーファリンの効果が効き過ぎて、脳内出血で死亡した」というものでした。

しかし、ワーファリンを製造しているエーザイは、医療関係者に向けて、ワーファリングレープフルーツジュースの極めて重要な相互作用が発生するとは考えていないと説明しています。

また、患者が不安になって服用中のワーファリンを中断してしまうと、命に関わる疾患が発症する可能性があるので、ワーファリンの服用を勝手に中断しないようにして下さいと注意勧告しています。

それでも気になる方はワーファリンを中断せず、グレープフルーツやジュースを飲むのを中止しましょう。




[スポンサードリンク]