グレープフルーツの切り方

グレープフルーツ



sponsored link

グレープフルーツの切り方

グレープフルーツの切り方は、他のフルーツにも応用でき、また他のフルーツと同じカットの仕方で綺麗に果肉が取れます。特にオレンジの切り方を知っていると、グレープフルーツにも同じ切り方が使えることがわかるでしょう。

グレープフルーツを綺麗にカットするためにあると便利な道具がぺティナイフです。ぺティナイフとは、果物や野菜の皮むきや飾り切りなどの細かな作業に向く包丁の一種です。また、グレープフルーツナイフというグレープフルーツの皮むき、果肉取りに特化したナイフもあります。


皮を切り取る

そぎ切り

・グレープフルーツの上下を切り落とします。
その際、あまり果肉を落とさないように気を付けます。

・切り口を下にしてグレープフルーツを立てて、皮を果肉の形にそってそぎ切ります。


らせん切り

・グレープフルーツの下を横から薄く切り、皮を切り落とさずにグレープフルーツを回しながら皮をむく方法です。リンゴの皮むきと同じ要領グレープフルーツの皮をむきます。


果肉を切り取る

輪切り

・そぎ切りをしたグレープフルーツを横にして食べやすい厚さに輪切りにします。


ピュアカット

・皮をむいたグレープフルーツの房と房の間にナイフで切れ込みを入れて、一房ずつ果肉を切り取る方法です。ぺティナイフを使うと綺麗に果肉を切り離しやすくなります。


くし形カット

・グレープフルーツを皮付きのまま6等分します。
・皮と果肉の間に切り込みを入れていき、片方の端を切り落とさずに残しておきます。
この切り方はパーティなどで手でつまんで一口で食べるのに便利なカット方法です。


グレープフルーツカット

・グレープフルーツナイフを使った切り方です。
・まず、グレープフルーツを横半分に切ります。
・グレープフルーツナイフの切っ先を使い、皮と果肉の間に切れ込みを入れます。
・房と房の間にも切れ込みを入れ、果肉が切り離せる状態にします。
後はスプーンやフォークで簡単に食べることができます。





[スポンサードリンク]